日本素食振興協会_グルテンフリーと素食について

 

「グルテンフリー」とは何か

皆さんは、「グルテンフリー」をご存知でしょうか?グルテンフリーとは、「小麦、大麦、ライ麦を除去した食事方法」を指します。「グルテン」とは、小麦などの穀物の胚乳から生成されているたんぱく質の1つで、クッキーやパン、パスタなど様々な食品に多く含まれており、生地に粘り気を付ける効果もあります。そのグルテンと呼ばれる成分を除去した食品がグルテンフリーと呼ばれます。

 グルテンを摂りすぎるとどうなるか?

グルテンは少量摂るには問題ありませんが、多量に摂取するとアナフィラキシーショックに陥る可能性が高まります。アナフィラキシーショックとは、発症から極めて短い時間で全身にアレルギー症状が起こる反応で、最悪の場合死に至る症状です。

他にも、グルテンに含まれる成分「グリアジン」は食欲を促進させる効果があります。よくスイーツやパンを食べるのが止まらない…なんて事はありませんか?それはまさしく、それらの食材に含まれているグリアジンの影響です。グルテンの摂取は即ち、食欲を促進させ、食べ過ぎに繋がってしまうという事になります。従って、あえて最初から「食べない」という選択肢を取るのもアリかもしれません。

グルテンが少ない食べ物は?

巷では「グルテンフリーダイエット」というダイエット法が流行していますが、これは「文字通り、グルテンが含まれるものを食べない」というもので、脂肪として蓄積されやすいものを避けることが狙いとされています。

実はパンやパスタ、揚げ物よりも芋、豆、和菓子などの「和食」は基本的にグルテンが少ないと言われていて、グルテンフリーダイエットに非常に向いています。和食は消化吸収の良いものが多く、それらを定期的に摂っている人なら、太りにくい体質を作る事ができます。

しかし、必ずしも完全にグルテンを避けて生活することを目的とする必要はありません。グルテンを多く含む食物は意外と多く、パスタやうどん、ラーメンなどの麺類、ピザを含むパン類、シリアルなど、私たちの主食となる食物だけでなく、カレーやシチューのルウ、ビールや発泡酒などにも含まれています。更にはクッキーやケーキ類、スナック菓子全般など、お菓子類にも多く含まれているため、お菓子好きの人にとってはかなり大変だと思います。しかし全く食べてはいけない、というわけではありません。

グルテンフリーと素食の違いと注意点

素食とグルテンフリーの違い

前述の通り、グルテンフリーは、「小麦、大麦、ライ麦を除去した食事方法」を指しています。

そして素食は、「肉、魚、卵、乳製品ならび五葷を除去した食事方法」を指しますので、グルテンフリーとは重複しません。よって、「グルテンフリーの人が素食を食べる」こともできますし、「素食の人がグルテンフリーの食事を食べる」ことも問題ありません。

なお、素食は「肉、魚、卵、乳製品ならび五葷を除去した食事方法」であるため、これらの食物以外、特に食事における炭水化物への依存度が高くなります。もちろん、小麦、大麦、ライ麦も炭水化物であり、素食者の食事にはこれら(特に小麦)が多く含まれます。

よって、「素食の人がグルテンフリーの食事」を食べるときは、素食者の禁忌となる食材が含まれていないか確認する必要があります。例えば、玄米粉などでできたグルテンフリーのピザを素食者が食べるときは、チーズなどの乳製品、サラミやアンチョビなどの肉魚類、玉ねぎなどの五葷が含まれていないことを確認する必要があります。

逆に、「グルテンフリーの人が素食の食事」を食べるときは、小麦、大麦、ライ麦が含まれていないことを確認しましょう。麺類、パン類などには小麦が多く含まれていますので、同じ麺類でもそばに変えるなどの配慮が必要です。グルテンフリー食の方はアレルギーを持っている場合が非常に多いため、適切な食事を提供しないときのダメージは、より深刻であるとも言えます。

なお、「素食でかつ、グルテンフリーである人」は、食事に関する制限が多くなりすぎるためか、ほとんどいません(当団体のスタッフも人生で一度も会ったことがありません)。

まとめ

素食は自身の信条によるところで、グルテンフリーはアレルギーや食生活改善によるところが大きいですが、どちらに対しても「食事に関して特別の配慮が必要である」ことには変わりがありません。飲食店やホテルは、素食者やグルテンフリー者に対するメニューを作る、また通常のメニューを素食対応できるか、グルテンフリー対応できるかなど、事前の対応が求められるところです。