菜食主義の国としても知られる台湾。ヘルシーなのに美味しいのが台湾で知られる「素食」ですよね。

いわゆるベジタリアン料理の事なのですが、肉や魚、卵などを使わずに作る「素食」は発展を続け、独自の技術で現在の台湾の食生活を支えています。訪日しているベジタリアンの観光客は食事に苦労します。これは素食主義者は多い台湾人観光客の方々も同じこと。今回はベジタリアンでも安心して食べられる日本のお土産をご紹介しましょう!

1.見た目もかわいい、「桔梗屋」の「甲斐の実り」

甲斐の実り(引用元: 桔梗屋 http://www.kikyouya.co.jp/products/summer/1.html)

山梨県甲府市にある「桔梗屋」という有名な銘菓店のお菓子です。やはり日本のお土産にお菓子を選ぶ人は、甘いものを進んで買うようですね。甲斐の実りはフルーツゼリーで、甘くスッキリした白桃、果実をふんだんに使った葡萄、中に実が3個も入ったさくらんぼと3種類から選べます。価格は税抜きで220円。卵ももちろん含んでいないので、ベジタリアンな人にもおすすめ。特に暑い夏に送ると喜ばれるお土産と言えます。

2.きなこと黒蜜のコクのある美味しさ「桔梗屋」の桔梗信玄餅

信玄餅(引用元: 桔梗屋 http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/1.html)

山梨県甲府市の「桔梗屋」の通年菓子です。小さな可愛い容器にたっぷりのきなこをまぶしたお餅が3つ入っています。黒蜜がついているので、お餅にかけて食べましょう。

黒蜜特有のコクのある甘さがまったりと口の中に広がります。こういった日本の和菓子は海外観光客の方にも人気です。きなこと黒蜜を混ぜても美味しいです。よ。きなこが溢れるので、付属の袋を広げて食べましょう。

3.和を極めた一品「とらや」の「羊羹」

とらや羊羹

(引用元: とらや http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/1.html)

とらやは東京都港区に本社を置く和菓子メーカーで、日本各地に販売店等を経営しています。様々な和菓子が販売されていますが、特に羊羹に力を注いでいます。

切ってみると断面から小豆が顔を覗かせる小倉羊羹「夜の梅」、沖縄にある西表島の黒砂糖を使った「おもかげ」、抹茶の優しい香りが広がる和に輪をかけた「新緑」、その種類はどれも多数で、いずれもサイズを何種類からか選ぶ事が出来ます。その他にも夏限定のパッケージや、特別な販売店などのパッケージ等色々あります。

4.滝の飛沫が奏でる遊宴の調べ「水琴茶堂(すいきんちゃどう)」のあんみつ

(引用元: 桔梗屋水琴茶堂 http://www.kikyouya.co.jp/products/summer/2.html)

山梨県笛吹市にある郷土料理店「水琴茶道」のお菓子です。メニューはほうとうやビビンバ、天ぷらそばなど様々。その中でも海外ベジタリアン観光客ならずとも好みそうなメニューは、この店自慢の「あんみつ」ではないでしょうか。白玉クリームあんみつや桔梗信玄餅が入った豪勢なあんみつが食べられますよ。甘い甘い小倉あんにたっぷりの黒蜜をかけた桔梗信玄餅。甘党の方にはたまりませんね。山梨県笛吹市に行った時は是非「水琴茶堂」に行ってみましょう。

5.さっぱりとした酸味とツルンとした食感「梅葛きり」

イメージ

(引用元: 桔梗屋水琴茶堂 http://www.kikyouya.co.jp/products/summer/2.html)

山梨県笛吹市にある「水琴茶道」のお菓子です。つるりとコシのある葛きりに群馬県の白加賀梅を加えたもので、夏限定商品です。見た目だけでも涼しくなってしまいそうな爽やかさに

梅のさっぱり感が相まって、夏を乗り切るにはもってこいの一品だと思います。実は葛きりの原材料は風邪の時に飲むと温まる「葛湯」と全く同じ成分。つまり葛きりも風邪の改善効果が期待できます。

6.焼いてもOK、レンジでチンしてもOK!オールマイティなお餅!

お餅

お正月のお雑煮、そして餅つき大会で配られるお餅。ご飯にもおやつにもなる事から日本のみならず海外でも人気が高いようです。

基本的に日本のお餅は関東が角餅、関西が丸餅と分かれています。お餅の食べ方は種類も豊富、餡子餅にしてもよし、みたらしをかけるもよし。あるいはぜんざいに使ったり、餡子を詰めた紅白餅にしたり…。使い道やバリエーションが多い上に原材料がもち米なのでボリュームも満点。いろいろな所で大活躍する餅はきっと食卓に笑顔を運んでくれるでしょう。

7.酒粕と米麹で作った自然な甘さ!古くから伝わる甘酒

甘酒

コンビニや自販機で見かける甘酒ですが、この甘酒も菜食主義の台湾人観光客には嬉しいものです。酒粕はタンパク質をはじめとした栄養成分が豊富な点や、ほのかな香りと深みのあるコクが特徴で、米麹は麹菌の発酵でビタミンや自然な甘みを作り出すのが特徴です。温めてゆっくり楽しむ方もいますし、暑い日に冷やしてゴクゴク飲む方もいますね。森永製菓の甘酒は米麹の粒が感じられ、飲みごたえだけでなく食感などにもこだわっています。

8.トップバリュにもあった!お米を使ったマフィン!

ココナッツバナナマフィン

(引用元: トップバリュー https://www.topvalu.net/recipe/detail/1661/)

誕生日会やバイキング、パーティーで良く振舞われるのが可愛らしいマフィンですよね。たまには

ドライフルーツを入れて食感や隠し味を楽しんでいますが、このトップバリュレシピの「ココナッツバナナマフィン」は素食と同じく卵や乳製品を使っていません。米粉だからだせる「もちもち」「ふわふわ」。今までにない食感のおいしいマフィンです。ぜひ作ってプレゼントしてみてください。

9.贈り物やちょっとした集まりに!「プレミアム桔梗信玄餅吟造り」

プレミアム信玄餅

(引用元: 桔梗屋 http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/2.html)

山梨県甲府市の「桔梗屋」の通年菓子です。、桔梗信玄餅を箱詰めしたものです。従来の桔梗信玄餅に加え、アカシヤのハチミツをブレンドしており、より一層まろやかな味わいが楽しめます。

なお生菓子故に日持ちしないので、早めに食べきってしまいましょう。

10.昔懐かしいあの味!「桔梗信玄飴」

イメージ

(引用元: 桔梗屋 http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/29.html)

山梨県甲府市の「桔梗屋」の通年菓子であるきな粉飴です。

その昔、駄菓子屋できな粉棒を買った人も多いのではないでしょうか?桔梗信玄飴は、可愛らしくておいしいきな粉飴です。是非食べてみてください。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。日本のお土産は、ベジタリアン観光客にとっても嬉しいものが沢山あるみたいですね。すなわち台湾の素食主義者の方達も安心です。素食主義の方も、そうでない方も「あっ、これいいな」と思うものがあったら是非チェックしてみてくださいね!