「ベジタリアンって肉や魚を食べないんでしょ?じゃあ普段はどんなものを食べてるの?」。ベジタリアン以外の方の中にはこんな疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれませんね。ベジタリアン以外の方が予想する食事メニュー、大方の予想は「野菜や豆類が中心で、味も薄く簡素なもの」といったところでしょうか。しかしベジタリアン向けの料理はそれだけでは語り尽くせません。肉や魚を使わずとも、ボリューミーで美味しい料理は沢山あるんです。今回は東京都内でベジタリアン向け料理が充実しているおすすめの料理店を10店舗、厳選してご紹介しましょう!

東京の素食・ベジタリアンレストラン10選(その2)1-3件

1.イートモアグリーンズ(野菜カフェ)

http://www.eatmoregreens.jp/

東京メトロ、都営地下鉄「麻布十番駅」近くの「イートモアグリーンズ」は、ニューヨークのローワーイーストサイドエリア、イーストビレッジエリアの住民が日常的に口にするナチュラル素材を提供するベジタブルカフェ及びベーカリーです。麻布十番という立地も相まって、お店の外観はまるでニューヨークの街角にあるお洒落なカフェを思い起こさせます。店内のメニューは殆どがベジタリアン向け。オープンテラスも用意されており、ワンちゃんとの同席も可能です。

 

2.ささやカフェ 錦糸町(オーガニック&ヴィーガン)

http://www.sasaya-cafe.com/

錦糸町にある「ささやカフェ」は墨田区にある大横川親水公園近くにあるオーガニック&ヴィーガンカフェです。コンセプトは「野菜を楽しもう!みんながおいしい、地球に優しいナチュラルごはん」。動物性素材や、化学調味料、精製された調味料は使わず、お米や野菜は有機無農薬のもの。更にお店で作るお菓子もオーガニックの食材を使っています。

 

3.PURE DELI & STORE(ヴィーガン)

http://pure-cafe.com/

東京メトロ「表参道駅」すぐそばにある「PURE DELI & STORE」は、ヴィーガンカフェとして人気だった「PURE CAFE」がリニューアルしてオープンしたお店です。平日は午前9時から、週末は午前8時半から営業していますので、モーニングメニューも豊富。焼き立てのヴィーガンマフィンやサンドイッチ、他にも「タルティーヌ」と呼ばれるフランス式サンドイッチや、ギリシャ式の串焼き料理「スブラキ」といった変わり種も用意されています。ベジタリアン、ヴィーガン客だけでなく、欧米人客にも人気のお店ですが、店内に子ども向けのおもちゃが置かれているためか、家族連れも多くみられます。日当たりが良く非常に明るい雰囲気で、オープンなヴィーガンカフェです。

 

東京の素食・ベジタリアンレストラン10選(その2)4-7件

4.ガーデンカフェ(ベジタリアンカフェ)

http://www.sincere-garden.com/

「ガーデンカフェ」は東京メトロ「表参道駅」近くのスパサロン「シンシアガーデン」の2階にあるベジタリアンカフェです。この店の人気メニューは、スープとデリのセット。ヘルシーな緑豆のスープに、もっちりとした食感のくるみのベーグル、8種類の野菜が入ったサラダのセットで、ベーグルは五穀米に置き換えることも可能です。

 

5.ブラウンライスバイニーヌルズヤードレメディーズ(玄米食)

https://www.nealsyard.co.jp/brownrice/

「表参道駅」のすぐ近く、「ブラウンライスバイニーヌルズヤードレメディーズ」は店名にブラウンライスと掲げている通り、玄米をおいしく食べられるメニューが中心です。その中でも「一汁三菜」というメニューが人気で、主菜は国産大豆を使った豆腐料理、副菜は昆布出汁で煮た根菜と、さっぱりとした味の海藻や青菜が楽しめます。ふっくら炊きあげた玄米ご飯とお味噌汁は栄養満点で絶品ですよ。

 

6.クンバドゥファラウェル(オーガニック)

http://kuumbainternational.com/kuumbashop/KUUMBA/LOCATION.html

「クンバドゥファラウェル」は京王井の頭線の神泉駅から徒歩5分ほど、外観は雑貨屋さんか洋服屋さんかと思えるほどの可愛らしいお店です。人気メニューは「ファラフェルサンド」。ファラフェルというヒヨコ豆を主原料とした中東のコロッケや、数種類の生野菜、焼き茄子、フムスというヒヨコ豆のペーストがサンドされており、とってもボリューミーな一品です。軽食程度であればハーフサイズでも十分に満足できますよ。

 

7.なぎ食堂(ヴィーガン)

http://nagishokudo.com/

「なぎ食堂」は渋谷駅の桜丘側にあるヴィーガンスタイルの小さな食堂です。モロッコいんげんと小松菜のココナッツカレーがこのお店の人気メニュー。いんげんや小松菜だけでなく野菜がたっぷり入っており、野菜の旨味を感じられる一品です。付け合わせのサラダの量があまり多くない、という点が乳製品や蜂蜜さえも摂らないヴィーガンの方に好評なんだそうです。

 

東京の素食・ベジタリアンレストラン10選(その2)8-10件

8.メウノータ(ヴィーガン)

http://meunota.com/top.html

「メウノータ」はJR高円寺駅南口から徒歩5分、商店街を1本入った路地にあるヴィーガンスタイルのカフェです。お肉がなくても十分に満足できるボリュームがポイントで、その中でも「黒豆のハモス」が人気メニュー。味は濃厚で、肉を使ったようなボリューム感があり、酒のつまみにもピッタリです。ランチにはデザートがプラス100円、ドリンクがプラス50円でつけられるというコストパフォーマンスも魅力のひとつです。

 

9.根津の谷(玄米食)

http://nezunoya.web.fc2.com/

「根津の谷」は東京メトロ「根津駅」徒歩30秒という好立地にある玄米菜食レストランで、旬の有機野菜やもちもちの玄米ご飯が人気のお店で、メニューは「根津の谷定食」、「玄米カレー」、「おにぎり」の3種類のみ。創業1978年という、確かな歴史が刻まれ続けた店内は、非常にお洒落で居心地がいい雰囲気なのが特徴です。更に根津の谷は、オーガニック食品を販売する自然食品店も併設しており、野菜や無農薬玄米、ベジタリアンやヴィーガン向けの食材を中心に販売されています。レストランで食事を楽しんだ後は自然食品店に寄ってみるのも、きっと楽しいですよ。

 

10.レインボーバードランデヴー(ヴィーガン)

http://www.ls-adventure.com/

「レインボーバードランデヴー」は東横線、日比谷線「中目黒駅」から徒歩10分ほどにあるヴィーガンカフェで、有機栽培や自然栽培をの食材を中心としたメニューを提供するお店です。手作りのお弁当は無農薬玄米と、有機野菜や豆類といった自然栽培の食材が中心で、調味料も天然の素材にこだわって作られています。ランチタイムの人気メニューは「大豆ハンバーグランチ」で、しっかりとした噛みごたえと、ボリュームが特徴の一品。大豆の食感も適度に残っているので大豆の素材を丸ごと楽しめます。

 

素食者・ベジタリアン・ヴィーガンでなくても楽しめる!

肉や魚を食べないベジタリアンや、更にそれに加えて卵や乳製品などの動物性食品も一切口にしないヴィーガンや素食者も安心して食べられるメニューは他にも沢山あります。「肉や魚を使わない料理なんて味気ないよ」と思われる方も、一度試しに食べてみてはいかがでしょう?濃厚でボリューミーなベジタリアン料理は、きっとあなたのイメージを覆しますよ!