現在、中華圏のみならず欧米、日本にも浸透し始めている素食。肉や魚介類を使わない事で有名な精進料理ですが、日本でも美味しい素食は食べられます。ヘルシーで値段も安く、ボリュームもあるので、コストパフォーマンスの良さはトップレベルでしょう。現在中華圏にある台湾では全体の人口の内、1割以上がベジタリアンと言いますから驚きですね。それでは早速、美味しくてヘルシーな素食を探しに行きましょう。

京都の素食・ベジタリアンレストラン10選 1-3件目

1.天龍寺直営精進料理店「篩月」(精進料理)

http://www.tenryuji.com/shigetsu/

篩月(しげつ)は、京都府京都市右京区にある、四季折々の風景を眺めながら素食をいただける人気の料理店です。年中無休で営業しており、広間も高級旅館や懐石料理店のような落ち着いた雰囲気を醸し出しています。魚や肉が無くとも、この店ではバラエティに富んだ料理が数多く、これまでの精進料理への先入観を見事にひっくり返すようなボリュームと味わいだそうです。また、篩月の周りには庭があり、別途入場料が必要なものの、美しい庭を見られます。

 

2.オーガニックハウス サルーテ(オーガニック)

https://r.gnavi.co.jp/pzycucjm0000/

サルーテは、京都府京都市下京区にある隠れ家のような外観の素食店で、内装も古民家のような過ごしやすい雰囲気になっています。ここでは忙しくてもメニューの説明を丁寧にしてもらえるなどサービス精神が旺盛で、パンケーキやスイーツも食べられます。もちろんグルテンフリーで体にとても優しいので、ベジタリアンな方でも安全に食べられます。中でもナッツを使ったクリームが美味みたいですね。

 

3.スジャータ(ベジタリアン・インド料理)

http://www.sujata-cafe.com/

スジャータは、京都府京都市左京区にある素食専門のレストランです。スタッフの方がとてもフレンドリーで、サンドイッチやインド料理も楽しめますよ。また、テイクアウトでは玄米ご飯やサラダを持って帰れます。食後には美味しいチャイを飲んで一息付いてみてください。そして毎週土曜日の18時からスジャータでは、瞑想ワークショップというものが行われています。まだ経験した事のない人から経験者までビジュアリゼーション、呼吸等のエクササイズを受ける事が出来ます。講座料は無料なので、エクササイズに興味のある方も是非、足を運んでみてください。

 

京都の素食・ベジタリアンレストラン10選 4-7件目

4.Veg Out(ヴィーガン)

http://vegout.jp/

Veg Outは、京都府京都市下京区にあるヴィーガン料理店です。内装はカジュアルな雰囲気でとても過ごしやすく、家族や友人とのランチにも一肌脱いでくれそうです。ヴィーガン料理は肉や魚以外にも乳製品や卵まで使わない事から、中々敷地が高そうという先入観がありますが、この店はそんな事もなく、なんと有名ドラマ「科捜研の女」の撮影にも使われています。メニューとしては飲み物の種類がとにかく豊富で、中でもオーガニックコーヒーがおすすめだそうです。鴨川沿いがガラス張りになっており、美味しいコーヒーや素食だけでなく風景まで楽しめる、ベジカフェとして非常に良い店です。

 

5.Vegans cafe and restaurant(ヴィーガン)

https://www.veganscafe.com/

Vegans cafe and restaurantは、京都府京都市伏見区にあるヴィーガンレストランです。

ここのオーナーは元焼肉や店主だったそうですが、現在はヴィーガンレストランのオーナーとしてその手腕を振るっています。料理を作る際に不安になる農薬などを一切使わないのでいつも安全に美味しく食べられます。乳製品を扱わない豆乳アイスも好評の他、大豆を使った食材のラーメンや丼物もあり、食べた人の胃袋をギュッと掴んで離しません。ヴィーガン料理を初めて体験するならこの「Vegans cafe and restaurant」をおすすめします。

 

6.豆乳ラーメン専門店「豆禅(まめぜん)」(ヴィーガンラーメン)

https://www.mamezen.com/

豆禅は、京都府京都市左京区にある豆乳ラーメンの専門店です。豆腐を主体とした非常にヘルシーなラーメンで、スープの種類もあっさり、濃厚と色々選べるそうです。また、予約制ですが「豆乳ラーメン鍋」というものもあり、最初は野菜がたっぷり入ったお鍋をいただき、食べ終わった後は鍋ごと豆乳ラーメンにしてしまいます。デザートにはアイスクリームが付いて来るなど良い事尽くめなので、京都府に立ち寄った際は是非行ってみてください。

 

7.Vege Cafe & Dining TOSCA(ベジタリアン)

http://tosca-kyoto.com/

Vege Cafe & Dining TOSCAは、京都府京都市左京区にあるベジタリアン料理店で、ヴィーガン料理程きつくなく、ゆったりと寛げる居心地の良さも大きなポイントです。その上安価でボリュームもあるので学生さんなどにもおすすめです。料理へのこだわりは繊細なもので、素材の邪魔を一切しない調理が特徴です。食後にはエスプレッソコーヒーも飲めるので、ヴィーガン料理に手を出しにくいなぁ、と感じた方はまずこの店でベジタリアン料理を体験してみてください。

 

京都の素食・ベジタリアンレストラン10選 8-10件目

8.cafe MATSUONTOKO(菜食レストラン)

http://matsuontoko.net/

cafe MATSUONTOKOは、京都府京都市中京区にある菜食レストランです。アンティーク調のオシャレな店で、名前の由来はオーナーの松尾さんという方から付けられたそうです。この店は何と言っても数種類あるベジバーガーが人気で、ヴィーガン料理とは思えない程美味だそうです。夜からお客さんがグンと増えるみたいで、どうせなら混雑していない昼間に行くのがおすすめです。そしてバーガーはバンズにも工夫があり、野菜とよく合うようになっているようです。植物性の食材しか使っていないのに関わらず、それを肉に見せる技術は目を見張ります。美味しいベジバーガーを食べるならこの店です。

 

9.レストランQuiQui(菜食レストラン)

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260401/26018463/

レストランQuiQuiは、京都府京都市西京区にある菜食専門のレストランです。日替わりメニューがあり、季節折々の野菜を使った精進料理を味わえます。宗教のようなしきたりもなく、どちらかと言えば体のバランスを整えると言った感じです。日替わりプレートは若干お値段が張りますが、10品の小鉢が来るという事で様々な味を楽しめます。もちろんチャイや無農薬コーヒーといったものもあるので、ゆったり食事ができそうです。プレートだけでなく、丼物やパスタもあるのが嬉しいですね。

 

10.阿じろ(精進料理)

http://www.ajiro-s.co.jp/

阿じろは、京都府京都市右京区にある精進料理のお店です。外見は懐石料理や江戸時代を思わせ、内装は旅館のような間取りで、襖絵や墨蹟といった趣があります。中々に厳かな雰囲気ですが、宴会等の行事にも利用できる事から人気の名店です。精進料理は大豆だけでなく、椎茸や干瓢を使って味を引き出しています。精進料理の基本は「五味・五法・五食」と言われ、阿じろではその基本で多種多様な料理に仕上げています。旬の野菜だからこそ味わえる、精進の心を感じてみて下さい。

 

台湾、中華圏じゃなくてもこんなに楽しめる京都の素食レストラン!

これからダイエットを始めようとしている、そこのアナタ。はたまた、ベジタリアンに目覚めたいというそこのアナタも、是非京都の素食レストランに行ってみる事をおすすめします。きっと素食への考え方も大きく変わるでしょう。普段から野菜中心の生活をしている人とて、例外ではありません。何しろ、野菜だけでなく、大豆等の食材で様々な料理を作れてしまうのですから、美味しいお肉を食べていたら本当は大豆だった、なんて事もあるかもしれません。素食を始めるのに、早いも遅いもありません。好きなタイミングで始めてみましょう。アナタの食生活が実り豊かなものになりますよう、願っています。